カテゴリー別アーカイブ: 雑談

ビルマハイウェイ

クーデターから始まった2月1日から4月半ばのミャンマーの正月休みまでの間はなかなか仕事が手につかず。なにせ友人の多いヤンゴンやマンダレーのような大都市の街中で真昼間から軍隊が銃をぶっ放し、夜は夜はで兵士が大挙してデモ参加者などを拘束しにきて、友人からはSOSのメールが頻繁に入り、その間も「銃声が聞こえます!」「兵士が来た!」とかというメッセージが入って会話が途切れ、そもそもインターネット自体が頻繁に遮断され、FBやTwitterのタイムラインには無残な姿を晒す遺体の写真が頻繁に流れてくるものですから、精神的にかなり消耗しました。

そんな時に日本にいる私にできることといったら、ささやかながらの寄付と……あとはなんだろう?と考えた挙げ句、やはり私も弊社に申し込んでくる男性と同じく読書に嗜んでしまう人間ですから、ミャンマー関係の本を読み漁ることでした。

恥ずかしながら、私は軍政など既に過去のものと思い込んでおりましたから、5年前にミャンマーを再訪する際に根本敬先生の「物語ビルマの歴史」は読んでいたのですが、以来、あまりミャンマーのことは勉強してこなかったのですが、その不明を恥じて改めてミャンマーについて学びなおした次第。

その中で出会ったのがタンミンウーというミャンマー人男性が書いた「ビルマハイウェイ」という本です。タンミンウーは国連事務総長を務めたウ・タントの孫で、ハーバード大学やオックスフォード大学を出た後、国連やミャンマー政府で勤務した経験のある人物で、おそらくは現在ミャンマー人として最高レベルの知識人です……が、どの程度ミャンマーの人々に影響力があるのかはわかりません(苦笑)。なんとなくですが、インテリ村でしかもてはやされていないような悪い悪寒が……。

それはともかくこの「ビルマハイウェイ」は素晴らしいです。ミャンマーの歴史、文化、社会、政治経済、そして軍政や民政までを等価の眼差しで見つめ、精緻な筆致で描いた大傑作。まるで彼と一緒にミャンマー、周辺の中国雲南省、インドのアッサム地方を旅しているような感覚が陥り、ミャンマーという国が立体的に心身に染み込んでくるような気がしてきます。ミャンマーに興味がある人には一読を強くオススメします。今、彼の最新作「ビルマ必史」を英語で読んでいるので、おいおい感想なども綴ってまいりたいと思います。

蛇足ですが、笑ったのはビルマを訪れたマハトマ・ガンジーが述べた次の一言ーー。

ビルマ人女性の自由さと活力には魅了された。ビルマ人男性の怠惰に胸が痛んだと同じくらい。

他に中西嘉宏先生の「ロヒンギャ危機―『民族浄化』の真相」、宇田有三さんの「ロヒンギャ 差別の深層」、春日孝之さんの「黒魔術がひそむ国 ミャンマー政治の舞台裏」などが面白かったです。ミャンマー関連では日本人が結構頑張っている印象です。

またWebでは日本貿易振興機構(JETRO)のミャンマーのページが現在のミャンマー情勢を知るのはもってこいです。優れた論稿を無料で読めるスグレモノです。

それではまた。

読んだらクイックお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

日本サッカー界の父・ウ・チョーディン

今日はミャンマーの小話。先日、ワールドカップ予選の日本とミャンマーの試合が行われましたが、私が最近知った日本サッカー界のチチと呼ばれるチョー・ディンというミャンマー人男性について紹介したいと思います。

↓ここが一番詳しいです。

知られざる偉人~ウ・チョーディン

イギリス植民地時代のミャンマーでサッカーを学び、その後、日本の高校に留学してきて、全国各地を巡って日本人にサッカーを教え、How to play association footballという日本初の理論的なサッカー指導書を書いて、当時の日本のサッカー関係者はこれをむさぼり読み、その後の極東選手権優勝、ベルリンオリンピックでの対ポーランド奇跡の勝利に結びついたと……。

いや、読む前はそんなに期待していなかったのですが、これはまさしく日本のサッカーの礎を築いた大人物です。それもそのはずその後ミャンマーに帰国した彼は戦後ミャンマーの工業の礎を築いた超エリートだったのですから。

ネットを漁ると結構情報が出てきます。日本語Wikiもあります。

日本のサッカー人物誌チョー・ディン [Kyaw DIN]

2007年にチョー・ディン氏は日本サッカーの殿堂入りを果たしたのですが、消息は掴めなかったようです。

こちらは共同通信社配信の関連記事。

12月25日(火)共同通信配信の記事掲載新聞が届きました

当時の資料。

チョウ・ディン関係資料集

Toe kick/Instep kick/The front side kick/The back side kick

という記述が微笑ましですね。当時の日本のサッカーはこんな初歩的なキックの区別も付いていなかったようです。

論文まであります。

日本サッカーの草創期におけるチョー・ディンが紹介した技術・戦術

今やすっかり東南アジアのサッカー中堅国で、先日のワールドカップ予選では10-0と日本にけんもほろろにされたミャンマーのサッカーですが、こんな時代もあったのですね。タイやベトナムがメキメキと力をつけておりますから、ミャンマーのサッカーにも可能性はあるはずです。

今回は以上です。

読んだらクイックお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

ミャンマーの心情

先日はミャンマーの現状について少しお話したので、それでは一般の人々がこのような状況でどのような気持ちで生活しているのかについてお話します。日本の報道を見ていると、国民が全員国軍に敵意を燃やし、民主主義のために立ち上がっているような印象を受けますが、それはあたかもミャンマー全土が戦場となっているような錯誤と同レベルの錯誤で、ほとんどの人が複雑な思いで身を潜めながら事態の推移を見守っています。

彼らが一番願っているのは平和と経済の安定です。特に4月半ばのミャンマーの正月明けからはその傾向が強くなり、「日本語を教えてください」とか「いつから外国人は日本に入国できるようになりますか?」とか「どうやったら日本で働けますか?」とかいう質問が増えてきました。CHAGE&ASKAの「心のボール」の歌詞にあるように「人は未来に生きている」のです。

右肩上がりの時代しか知らない若者たちには、現在の先を見通せない現状はさぞ辛いものでしょうが、それでもみんな現状をどうにかしようとーー仏教徒らしく心の奥底に諦念を秘めつつーーがんばっています。私もミャンマーに関わる一人の日本人としてそのがんばりに応えたいと思っています。

ただ仮にミャンマー人女性と交際・結婚する段になっても政治を話題にするのはおやめになったほうが無難です。やはり生まれ育ったバックグラウンドが違うので、日本人の立場からの正論が時に彼らを怒らすこともあり、やはりここは「早く平和になればいいですね」ぐらいの話にとどめておくべきしょう。彼らもそれ以上は求めてきません。

以上です。

読んだらクイックお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

おひさしぶりです

おひさしぶりです。なかなかブログを書く時間が取れませんでした。

ご存知のとおりミャンマーの現状は混迷を深めております。国軍側、市民側双方とも決め手を欠き、日々被害が拡大、死者の数も増えております。特にヤンゴンがひどいです。馴染みのある通りや建物がさながら戦場のような状態になっているのは信じられません……が、そんなヤンゴンでも国軍の攻撃を受けたり、デモをしている地域以外は、みな普通に働いていたり、店を開けていたり、デリバリーサービスを頼んだりとなんとか普通の市民生活を送っているようです。名古屋に例えれば、鶴舞公園周辺、栄オアシス周辺、名古屋大学周辺が戦場のようで、他は普通に生活を送っているというイメージでしょうか。ヤンゴンは巨大都市ですからね。↓はヤンゴンにいる日本人の方が発信してくださった今朝のヤンゴンのダウンタウンの様子です。いつもと変わりません。

とはいえミャンマーの人々が不安と不眠の中で生活を送っているのも事実。また日本にいるミャンマー人たちも仕事が終わった後、毎晩祖国の家族と連絡を取っていて、睡眠不足のようです。そりゃあ不安ですよね。外国人である私でも胃がキリキリするのに、ましてや肉親や親友をあちらに残しているのであれば……。

というわけでコロナに引き続きクーデターにも邪魔され、ようやく軌道に乗り始めたリクルート活動も滞ってしまった弊社ですが、状況をみながらまた再開していきたいと思います。ここが私の戦場です。私ががんばるのはここなのです。

ちなみに弊社登録の在日会員の紹介は現在でも可能です。

どうぞよろしくお願いします。

読んだらクイックお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

亡くなった人のTwitterアカウント 最後のツイート

昔、NAVERまとめに「亡くなった人のTwitterアカウント 最後のツイート」というまとめを作ったのですが、NAVERまとめが今秋にサビース提供を停止するというので、togetterに移動させました。

亡くなった人のTwitterアカウント 最後のツイート(togetter)

そうしたら一日で22万人ヴューを超える大ヒット。注目まとめで第一位に輝いたので、こんなことは最初で最後だと思い記念にスクショを撮っておきました。

あれはたしかゲームクリエイターの飯野賢治さんだったですか。私はゲームをまったくやらないので彼のファンでもないのですが、テレビでよく見かけたので顔と名前だけは知っておりました。そして訃報が入ってきて、「へえ、亡くなったのか」と思ってそのまま忘れていたのですが、ある日、彼のTwitterアカウントと最後のツイートを見つけました。

ボストンで撮った写真とその短い感想。彼はこの直後に帰国して自宅で亡くなっています。私はこのまったく死を予期してない言葉、死の予感が微塵も漂っていない写真に何か胸がぞわぞわして、たしかNAVERまとめはツイートを簡単に貼り付けられることを思い出して、彼の最後のツイートを貼り付けたのです。

それから一つ、また一つとWikiで「○○年の訃報」みたいなので故人を探して、そのTiwitterアカウントを探して、最後のツイートをぺたぺたと貼っていきました。今では誰かが亡くなるとそのTwitterアカウントを探すという嫌な習性が身についています(苦笑)。

そんなことをして何を伝えたいのか?と言われても答えに窮するのですが、おそらく作った私とご覧になっているみなさんの思いは一つ、飯野さんと同じく死をまったく予期してない人のもの、闘病中の人のもの、自殺した人のもの実に様々な最後の形があり、それを見て胸に去来するものも様々ということに尽きると思います。

個人的に印象に残っている最後のツイートは以下のものです。

「しゅのう まさゆき」と読むそうです。私は読んだことがないのですが、人気のあったミステリー作家なのだとか。短い言葉ですが、こう呟くまでに至った知的で誠実なはずの彼の胸に去来していたものに思いを馳せると気持ちが透明になっていく気分です。なんでだろう?とは思わないのですが、でもなあ、と切り返したくなります。

bloodthirsty butchersというバンドのフロントマンである吉村秀樹さんの最後のツイートです。死を予期してない系ですね。バックパッカー時代にこういう男性にたくさんあったことがあります。地方出身、高卒、文化に理解のある好青年……今は誰一人とも交流がありません 😆 私は好きなんですけど、あちらは私みたいな人間嫌いじゃないんだけど、自然にフェードアウトしていくような、そんな感じなんですね。悲しい……けれどもそれも人生です。彼が亡くなった後、「NO ALBUM 無題」というアルバムを聞きましたがいい感じです。でも多くの人がここではとどまれないんえですよね。先に行かないと。

90年代からサブカル系ライターとして活動していた女性です。私は90年代に青春時代を過ごした人間ですが、彼女のことは知らなかったです。死後、彼女が書いた文章を読んでみましたが、これは辛かっただろうなあと思いました。もう完全に時代遅れ、思い出話にしかなっていなかった。ネットが普及してなんの専門性もないライターの存在価値は究極まで下がってしますが、おそらく彼女自身もそのことはよくわかっていたのでしょう。老いた自分の姿を思い描けなかった……だからこその自死だったのだと思います。ちなみにこの「攻殻機動隊」もものすごくつまらなかったです。

私は先生という人種と非常に相性が悪く、昔から常に険悪な人間関係を築いています。この人、とてもいい笑顔をしていますけど、私の前では少しこわばるんだろうなあ(苦笑)。職業柄でしょうか、ひとりひとりの人間と近く付き合おうとしすぎるんですよね、先生て。結果、疲弊すると。ついでに世界を知るために旅に出ても無駄です。旅行では世界はわかりません。わかったところでそこにあるのは日本とさして変わらぬ人の業です。むしろいろいなインフラや制度が整っている分、日本のほうが住みやすいです。でもなあ死んでしまったと思ったら、お互いさほど好きでもないこの方のブログを全部読んでしまいました。予想どおりさほど面白くなく。でも読んでしまった。彼が死んだからです。

というふうにいろいろいろいろ考えてしまうので、そこそこ反響を呼んでいるのでしょう。これからもネットにアクセスできるうちは人の死を探してぼちぼち更新していこうと思っています。

そういえば、韓国の男性人権活動家・ソン・ジェギ氏のツイートの説明欄に旧ブログの韓国男性連帯のエントリを貼っておいたら、アクセスが急増しました。

私は韓国語がわからないので、なんて言ってるのかわかりません。私は彼の遺志を継いで男性人権活動に邁進しているわけではありませんが、自分の職務に命を賭けた彼はすごいなあと素直に思います……というところで、またミャンマー人の女友だちからMessngerで日本語の質問が飛んできたので、なんのまとまりもなくここで筆を置きます。

ちなみに水曜日は登録希望の女性と名古屋駅にて面接予定です。これも後日レポートします。

読んだらクイックお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村