ベトナム・フェスティバル行ってきました。

本日は代々木公園で開かれたベトナム・フェスティバルに行ってきました。コロナ禍の中で開催が危ぶまれる中、急遽一ヶ月か前に開催が決まり、関係者の方々が不眠不休で準備に取りかかった……と来賓の片山さつき先生がおっしゃっておられました(笑)。ネット上では血も涙もないネオリベ政治家、ラップみたいな変なツイートとあまり評判のよろしくない片山先生ですが、スピーチは弱者の目線に立った素晴らしいもので、特にラップもしておらず普通に聞き取りやすかったです。

他にも自民党の国会議員数人、公明党の山口那津男代表など豪華な来賓が顔を揃えていました……が、規模としては名古屋のベトナミ・フェスティバルと変わらないか、もしかしたら名古屋のほうが上だったかもしれません。来賓には現在は犬猿の仲の河村たかし名古屋市長と大村秀章愛知県知事が顔を揃えていたし、あの年だけだったのかもしれませんが、ミス・ユニバース・ベトナム代表だのミス・サイゴンだのが顔を揃えたミスコンもやっていたし、ベトナム文化を紹介するブースもありましたしね。意外に名古屋はベトナム人との交流が深い町なのかもしれません(ちなみに名古屋は東京についでミャンマー人が多い町でもあります)。

で、ベトナム料理のブースの一つでVN001さんが忙しそうに働いていました。私の顔を見るなり、「あらー」と言って声をかけてくれてひしと抱擁……というのは嘘ですが、コロナのせいで会うのは半年ぶり、話も弾んで…というのも嘘で、彼女は客の相手に忙しかったので、ピリ辛豚サンドを頼んで少し話した後、挨拶を交わして退散しました。彼女のアオザイ姿を拝めるかと思ったのですが、事情により今日は私服、でも明日はアオザイで挑むのだそうです。ちなみにサンドイッチはとても美味しかったです。

その後、山手線と総武線を乗り継いで、リクルーター志望のミャンマー人女性と面接……いや、志望というのは語弊がありますね。私が頼み込んだのです(笑)。30代半ば、配偶者は日本人男性、日本語流暢、性格温厚ということでリクルーターに最適と思って、以前からお願いしていたのですが、この度、本人の結婚ビザの準備が整ったということで、ようやく重い腰を上げてくれ、早速、来週一人紹介してくれることになりました。

ちなみに旦那さんは15歳年上で、どんな人?と尋ねると、「心が弱く、体が弱く、いつも負けてばかりの人……でも優しい人です」という返事が返ってきました。まあ、こんなミャンマー人女性ばかりでもなく、百発百中とは行きませんが、繰り返し申し上げているとおり①勤労意欲があり②浮気をしない③DVをしない常識的な男性であれば、必ずミャンマー人やベトナム人女性で結婚相手は見つかります。非モテの希望はミャンマー人女性・ベトナム人女性と私が言う所以です。

明日は千葉の奥地まで行って既登録女性の面接です。果たして明日中に東京に帰ってこれるのでしょうか?ということで明日朝が早いの今から寝支度をします。

おやすみなさい。

読んだらクイックお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket