リクルーター志望のKさんにお会いしてきました。

二週間の東京出張を終え、日曜日に名古屋に戻ってきました。

東京に出張している間は毎日ブログを更新してブログマラソンをやろうと思っていましたが、面接のキャンセルが相次いであえなく挫折。理由は例によって「恥ずかしい」「怖い」です(苦笑)。ならばそう言ってくれればいいものの、彼女たちは明確に否定の意思を示さず返事を寄こさなくなるだけで、こちらも翻意を期待してギリギリまで待つから予定が立たなくて困ります。土曜日はギリまで待って半日無駄にしたので他にするこもなく、仕方がないから皇居を一周してきました。いや、初めてしたのですがとてもきれいでしたね。マラソンする人が多いのも納得です。

最終日の日曜日は池袋で前回キャンセルされたリクルーター志望のミャンマー人女性のKさんに会ってきました。待ち合わせ場所は池袋駅東口前のマツモトキヨシ……だったのですが、待ち合わせ時間の直前に彼女から電話がかかってきて「え?ドン・キホーテだったでしょ?」と言い張るので、仕方なくドン・キホーテに移動……と言っても歩いて30秒ほどですが(笑)。

ということで二人で西武百貨店の上階にあるタイ料理のレストランでランチをしました。蛇足ですがちょっと大人なミャンマー人女性と食事をすると必ずタイ料理になりますね。ミャンマー料理は一癖あるので、実はミャンマー人もタイ料理が大好きです。

初めて顔を合わせた彼女は服装のしっかりとした大人な感じの30代半ばのきれいなミャンマー人女性でした。来日してすでに10年以上経過し、ロボットが接客することで有名な某ホテルで責任ある地位にあり、ミャンマー人の夫と結婚しているとのこと。開口一番「この前は返事をしなくてごめんなさい」と言ってきて、内心呆れていたのですが、そんな態度はおくびにも出さず、「いえいえ」と軽く流し、あらためて要件を聞くと、リクルーターをやってみたいとのことでした。

現在、リクルーターを頼んでいるのは三人。いずれも日本人男性と結婚している在日ミャンマー人女性で、日本語能力はN3といったところ(ただし日本滞在経験が長いので日常会話に不足はないです)。それ以外に彼女を含むN1を持っているようなミャンマーエリート数人にも頼んだことがあるのですが、いずれも脈なし。ということで以前のエントリで「ミャンマーエリートにはこの仕事は無理」と断じたのですが、果たして彼女はやってくれるでしょうか?……そりゃ本心はやはり彼女のような人にやってほしいと思っているのですが(顔を広いですからね)、これまでの経緯があるので、まだ確信が持てません。

いずれにせよ、12月6日(日)に日本語能力試験があって、それまではみんな試験に集中しているので、本格的に動き出すのはその後ということになります。クリスマスまでに少しは成果を出せるかな?と少し期待を膨らませつつ、師走に向けて準備を整えたいと思います。

いずれにせよ、終わりよければすべてよしな今回の東京出張でした。

(つづく)

読んだらクイックお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket