友だち紹介①Cさん(アニオタの元気印少女)

ャンマー人女性というのを知ってもらうために会員以外の女性の横顔も紹介していきたいと思います。

は旧ブログのエントリのロングセラー「若いミャンマー人女性の恋愛相談に乗りました」の主人公であります :-)久しぶりに読み返しましたが、若い時に書いただけあって筆に脂が乗っていますね。一般のミャンマー人女性の恋愛観を聞いたのが初めてだったので新鮮だっということもありますが。ちなみにCさんは奇遇にもMY057さんの友だちでした。”Mitakuye Oyasin Oyasin”――すべて人と人とのつながりという意味のネイティブ・アメリカンのことわざを思い出します。

の後、Cさんはその日本人の彼氏と友だち付き合いにしています。いまだに好きみたいですが、彼氏は仕事が忙しくてミャンマーには来れていないようです。その間、彼女にはミャンマー人の彼氏もできたりしていましたが、今はシングル。件の彼氏は典型的な優男風ミャンマー人男性でしたが、どうやら彼女には物足りなかったようです。どうやら優男風ミャンマー人男性は真面目に働くし、性格もいいのですが、本当に頼りないようですね。例えばバイト先で問題があった時でも何もしてくれず、全部女性にやってもらうのだとか。なんでこうも極端にしか育たないのだろう……。

を彼女に戻すと、ミャンマーに行く度に私は彼女に会っています。最初はあまり話せず聞き取れず、コミュニケーションに苦労しましたが、今ではN3の試験もパスして流暢に日本語を話します。今は某日系企業で通訳として働いているのですが、そこの日本人社長が切れやすい性格で、拳で窓ガラスを割ったりするので気苦労が絶えないのだとか。

前、「日本に住んでいるミャンマー人女性は擦れているので、ミャンマーに住んでいる女性を紹介してほしい」という問い合わせをいただきましたが、そんなことは全然なく、ミャンマーの人生もかなり過酷なものです。ヤンゴン市内に住んでいても渋滞がひどいので通勤に2時間ほどかかるなんてザラ。みんな朝の5時頃に起きてお祈りと朝食の支度をしてから出勤します。日本語学校に通っている時は睡眠時間4時間が数ヶ月続くということもあるそうです。また職場は女性だらけの女社会なのでとても陰湿 😥 彼女も先輩女上司にいびられてるそうで、いつも快活な彼女の口から「殺したい」という言葉が飛び出した時は本当に驚きました。日系をはじめとする外資系企業の給料はそこそこ良いのですが、ミャンマー企業の給料はそれこそ生活していけないレベルで低いですからね。だからみんな外国語を勉強して外国へ出稼ぎに出るわけです。

んな彼女ですが、どうやったらこんな笑顔を作れるんだろうというくらい気持ちのいい笑顔を浮かべて、私を迎えてくれます。写真をたくさん載せて彼女の素晴らしさを伝えたいところですが、プライバシーの問題でそれができないのが残念。平均的な感性の持ち主の日本人であれば誰もが好感を持つと思います。

重度のアニオタで私が何もしなくても彼女が勝手に私の知らないアニメの話を延々としてくれるので、一緒にいてとても楽。最近、門限が夜の9時になったのでこの前会ったときはバーに連れて行ってもらいました……が、BGMがうるさすぎて会話がまったく聞こえないのには閉口しました。アイキャッチの画像にあるとおり洒落た店で、芸能人もときどきやってくるそうです。彼女はあちらの映画スターと一緒に撮った写真をFacebookに載せているのですが、芸能人と一般人の距離が日本よりも近い印象です。

なんでもご両親が屋台の仕事を辞めて引退するそうなんですが、彼女とお兄さんはまだ20代。なけなしの給料から仕送りするのかと尋ねると、僧院に入るとそこで衣食住が保証され、瞑想生活をして老後を過ごすのだとか。ミャンマーでは僧院は完全に福祉施設として機能しているんですね。

ご両親は彼女が女の子らしくないので結婚できるかどうか心配しているそうですが、私からすれば彼女ほど女の子のキラキラ感がある子はいないと思っているので、意外です。ミャンマー人女性は自分の価値がわかっていない節がありますね。

両親が屋台というどちらかというと貧しい家に生まれながら、プログラミングの資格とN3を取得して力強く生きる彼女が私は好きです。この後どうなるのかわかりませんけど、絶対に幸せになってほしいと思います。

読んだらクイックお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket