友だち紹介③MY014さん(ご結婚おめでとうございます)

この度、MY014さんがご結婚されました……と言っても残念ながら当社の紹介ではありません。実習期間を終えてミャンマーに帰った後、ミャンマー人男性と結婚したのです。

彼女はFacebookの友だちでした。当初、私はFBのアラサーの女友だちを一生懸命勧誘しておりましたが、彼女もその一人。色が白く、スタイルが良く、頭が良さそうな美人で、当時、彼関東某県の辺鄙な地で実習生をしていました……が、「私は誰とも結婚する気はない」と言われ、あえなく断られました。その頃は件のセリフがミャンマー人女性が交際(その仲介も含む)を断る時の常套句だということを知らなかったのです。

その後、日本語能力試験が近づいてくると彼女は私に質問を送ってよこすようになり、私は律儀にそれに答えておりました。そして彼女は首尾よくN3に合格……すると彼女は私に日本人男性の結婚相手を探してくれと頼んできました。信頼を勝ち得たのでしょう。そして私は登録してくれた女性とは可能なかぎり面接をすることをモットーとしておりますので、折を見て遠路はるばる彼女に会いにいきました。

MY014さんにお会いしてきました。

実際に会った彼女は、スタイルがいいせいで写真で見ると大きく見えるミャンマー人女性の常で意外と小柄で、日本語はこれまで会った中でも5本の指に入るほどペラペラで、本当に驚きました。また昔タイでも働いていたことがあってタイ語もペラペラということでした。タイ語とミャンマー語は文法も発音も違うのですが、やはり隣国だからかミャンマー人がタイで半年も過ごせばタイ語はペラペラになるのだとか。

……で、その数カ月後、彼女にお見合いの申し込みがありました。男性の年齢が彼女の希望年齢を超えていたのでどうかな?と思ったのですが、年収が高かったので一応打診してみたところ、散々な結果に :lol:詳しくは↓のエントリをご一読ください

ミャンマー人女性があまりにも金になびかないので驚愕している。

少なくとも中産階級のミャンマー人女性はまったくお金になびかない交際・結婚相手のことを本当に真剣に考えるということを私はこの件から学びました。

その数カ月後、今度は別の男性から彼女に申し込みがありました。またしても希望年齢を超えていましたが、この前より若干若く、何よりも人柄の良さが写真からも滲み出ている……ということで、そのときは私は彼女にブロックされていたので、手紙を一筆したためて彼女に送りました。すると彼女から返事があり、よくよく検討した結果、お見合いをする決断をしてくれました。

やった!……と思ったのもつかの間、その一週間後、彼女から連絡があり、「お母さんがダメだと言っています……」といってお見合いのキャンセルを申し出てきました。ミャンマー人がなんでもかんでも母親に相談するのは知っていましたが、まさかお見合い段階で相談するとは知りませんでした。これも彼女から学びました。

年齢差という否定の壁

その後、帰国直前にまたお見合いの申し込みがありましたが、これも成就せず。そして帰国後に出会ったミャンマー人男性とこの度ご結婚したという報告をいただきました。ちなみに最後に申し込んできた男性も彼女から「誰とも結婚する気がない」と言われ、「結婚願望がない女性を紹介するんじゃない!」と私が怒られ、何度も事情を説明したのに全然信じてくれなかったです 😆

とにかく大学卒業後はタイと日本で働きづめだった彼女がようやく幸せを掴んだのはまことに喜ばしいかぎり。残念ながら私の紹介ではありませんでしたが、彼女のおかげでミャンマー人女性の生態をいろいろと知ることができました。

どうもありがとうござました。お幸せにです。

読んだらクイックお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です