友だち紹介⑥元MY009さん(ナイスバディ・シングルマザー)

かつて当社に登録していた女性です。

やがて恋人ができたので(結局、別れたましたが)登録を止めましたが、今でも友人として付き合っています。痩せっぽちなミャンマー人女性にしては珍しく豊満な肉体の持ち主で、しかもいつも胸元を大きく開けた服を着ているので、会うと目のやり場に困ります 😆 (ただ若い頃の写真をみると、やっぱり痩せっぽちなので、子供を産んでから体型が変わったのかもしれません)。

シングルマザーで娘さんが一人います。娘さんもとても美人で、しかも非常に背が高い。それもそのはず、彼女の元旦那は今ミャンマーで売出し中の俳優さんなのです。写真を見せてもらいましたが、超絶イケメンでした。なんで離婚したのかというと、彼女はシャン族なのに、彼はビルマ族で、父親がビルマ族を非常に嫌っていたので録していた女性です。

やがて恋人ができたので(結局、別れたましたが)登録を止めましたが、今でも友人として付き合っています。痩せっぽちなミャンマー人女性にしては珍しく豊満な肉体の持ち主で、しかもいつも胸元を大きく開けた服を着ているので、会うと目のやり場に困ります 😆 (ただ若い頃の写真をみると、やっぱり痩せっぽちなので、子供を産んでから体型が変わったのかもしれません)。

シングルマザーで娘さんが一人います。娘さんもとても美人で、しかも非常に背が高い。それもそのはず、彼女の元旦那は今ミャンマーで売出し中の俳優さんなのです。写真を見せてもらいましたが、超絶イケメンでした。なんで離婚したのかというと、彼女はシャン族なのに、彼はビルマ族で、父親がビルマ族を非常に嫌っていたので上手くいかなくなったのだそうです。彼女はヤンゴンではなく田舎の人で、田舎の人は非常に民族意識が高くそういうことがままあるのだそう。

ということで彼女は女手一つで娘を育て、人生の辛苦を味わった……と言いたいところなんですが、実家が大金持ちなので生活には何不自由なく、一度、実家を訪問したことがあるのですが、大理石の装飾のある豪邸でした。父親が20年以上前に使っていたソニーのビデオカメラまでありました。なんでも土地を持っていてその地代で食べているそうで、ミャンマーには相続税がなく、銀行の金利が8%もあるので、金持ちの生活は本当に安泰だそうです。彼女の愚痴をときどき聞かされるのですが、私に言わせれば、そんなものはマリー・アントワネットのため息程度の代物です 😆

ところで彼女には妹がいるのですが、これが温厚な彼女とは似ても似つかぬ気性の激しそうな女性で、バツサンの二人の子持ちの女性、しかも男性はみんなかなり年上の金持ちばかり……東南アジアでは年の差婚は珍しくないという話が聞かれますが、実態はこんなもので、だいたい女性の人格に大いに問題があります。ミャンマーで事業を営んでいる日本語ペラペラの70代の韓国人男性と結婚している20代後半のミャンマー人女性に会ったこともあるのですが、寝込みを絞め殺されかねない蛇のような女性でした(女性は水商売ではなく大卒の元会社員です)。

彼女には彼女の運転するバイクに乗せてもらって、町を観光しました。人口10万人足らずの町ですが、若い人が多いだけあって、同じ規模の日本の町よりも活気が漲っていました。こんな町から日本の地方都市に連れていったらガッカリするだろうなあと正直思いましたね。

その彼女が先日写真を何枚か送ってくれました。

シャン料理です。ミャンマー料理と違って油が少なく、日本人の口にも合います。キムチ嫌いの韓国人が結構多いように辛くて油の多いミャンマー料理が苦手というミャンマー人も結構います。

近々彼女はミャンマーの伝統服ロンジーを作る店をオープンするそうです。今度行った時にぜひ訪れたいと思います。

読んだらクイックお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket