結婚手続き代の減額について

ちょっとブログ書く練習がてらに結婚手続き代の減額についてご説明いたします。

まず結婚手続きは①各市町村役場への結婚届の提出②各入管への女性の配偶者ビザの申請の二つからなります。

そして当社では結婚手続き代を35万円に設定しておりますが、その内訳は、

  1. 私の指導料・通訳代15万円
  2. 行政書士代10万円
  3. 結婚届・配偶者ビザを取得する際に必要な独身証明書・戸籍などの書類を取得する際の人件費・経費10万円

となっております。

まず2について説明いたしますと、行政書士の先生が担当するのは②のみで①については関知しません。ですから配偶者ビザの申請をご自分でやるというのなら、この10万円は差し引きます。ちなみにビザの申請は外国人夫婦の場合でも(経済的理由もあるかもしれませんが)自分でやる場合が多く、不明な点はすべて入管の担当者が教えてくれるということです)。

次に3についてですが、これも女性本人もしくはその家族が代行してやってくれるのなら、これも差し引きます。ただ懸念事項としては、これはミャンマーの場合ですが、ミャンマー人は日本を旅行する際の旅行ビザを取得する際もわざわざ専門業者に依頼するほど事務手続きに疎く、果たしてやってくれるのか?ということがあります。また女性を紹介してくれたリクルーターによっては、ここは完全に請け負わせていただくということになって、減額不可という場合があります(ただこの場合は、女性およびその家族では必要書類の取得が困難というケースがほとんどです)。

そして最後の1ですが、これは①②全般にわたって私が指導する対価です……が、私が必要書類を教えてあとは全部自分でやるというのなら、これも差し引かせていただきます。実際、当社の仲介でこの度成婚されたご夫婦は全部自分でやって、当社は一切関わらず、一銭もいただきませんでした。

なんだか手の内を明かすような話と思われるかもしれませんが、今日日「ミャンマー/結婚/書類」で検索すれば、必要な情報は全部出てきます。

私としましても、お客様の経済的負担をなるべく減らしたいという思いでやっております。どうぞご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

読んだらクイックお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

 

 

 

LINEで送る
Pocket