お見合いをしてきました。

男性は一年以上前から継続的にコンタクトを取ってくださっていた40代前半の男性、女性は20代前半の実習生のミャンマー人女性です。年齢差が一般のミャンマー人女性の許容範囲を超えていたので、当初女性は躊躇していましたが、男性の外見が若々しかったので結局受け入れ、お見合い前にお二人にLineで会話をしてもらっていましたが、当日には男性が女性を「✕✕」、女性が男性を「○○さん」とファーストネームで呼ぶ間柄になっていました(笑)。

女性にはお見合いの席で初めて顔を合わせたのですが、とにかく可愛いらしかったです。私が15年前にミャンマーを訪れた際に心を奪われたミャンマー人女性そのもので、私のビジネスパートナーも「若いけれど、しっかりしている」と太鼓判を押していました。

ということで私はそんなにやることがなかったので、見合いの席は30分そこそこで辞去。その後二人は近くの公園などを散策して、女性が男性にこの日のために編んだ手編みのマフラーをプレゼントしたようです。男性も「古風な……」と形容していましたが、なんとも微笑ましい。お互いに良い相手を紹介できたのではないかと自負しております。

もっともっとこういうカップルを増やしたいです。

お二人の間には課題がいくつか難積しておりますが、ビジネスパートナーと私も含め、四人で協力しながらなんとか解決していきたいと思います。

読んだらクイックお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket