面接してきました

女性の面接をしに大阪まで行ってきました。29歳の実習生です。SNSのやりとりですますこともできるんですが、やはり直接会うに如くはなく、結果的に男性からの申込みがなく徒労に終わろうとも近隣に住んでいる女性にはなるべく会うように務めております。

結果、今回は大当たり。FBの写真を見たり、SNSで英語で話した印象では、明るいけれどちょっと思慮の足りないタイプの女性かと思っていたのですが、さにあらず、とても賢く、思慮深く、容姿もFBに載せている写真よりも実物のほうがずっと良い可愛らしい女性でした。またSNSでは英語で話しており、日本語は苦手とか言っていたのですが、実際は来日前にたった一年の勉強でN3に合格しただけあってかなり達者でした。謙遜していたんですね。

かなり田舎のほうに住んでいて、近くに洒落た店も見当たらなかったので、駅前の昭和感漂う古風な喫茶店で彼女はチョコパフェ、私はクリームソーダを飲みながら面接。パフェが思いのほか大きかったので食べるのに難渋しておりました(笑)。話しているとときおり英語が出てくるのですが、これがかなり発音の良いイギリス英語で(ミャンマーはイギリス英語です)、聞けば日本語よりも英語のほうが得意なんだとか。こちらの質問にも人一つ一つじっくり考えて答えていましたが(ただし返事は「優しい人がいいです」みたいなごくごく平凡なものでしたが《笑》)、その時の考え込む表情がまたとても魅力的。「いやあ、いいなあ」と仕事のことを忘れて、思わず見とれてしまいました。

面接を終えて一旦別れたのですが、その後、駅でばったり鉢合わせ。うっかり駅の周辺に住んでいるものとばかり思っていたのですが、職場は駅からバスで15分、アパートは件の駅から電車で25分くらいのど田舎にあるということで、毎日、1時間近くかけて通勤しているとのことでした。実習生の場合、職場の近くにアパートがあることが多いので、これでは睡眠時間がちょっと削られて可哀想です。

その電車の中で雑談中、彼女から私の年齢を聞かれ、私が「45歳です」と答えると、なぜか彼女は「ああ……」と嘆息。どういう意味かな?(苦笑)。やはり45歳にもなると20代の女性の許容範囲からは外れてしまうようですが、これも私の調査どおりです。

駅に着いて今度こそ彼女と別れた後、近くの観音寺にお参りにいって、彼女に良い相手が見つかるように願をかけてきました。写真はそのお寺に近くにあった二人で渡れば恋人になれるという恋人の橋です。

もちろん面接ですべてがわかるものではありませんが、彼女は良心的な男性万人にお勧めできる素敵な女性なのではないかな?まるで自分がデートした気分になって昨日は一日ほっこりしていました……ま、私がほっこりしてもしょうがないので、どなたか彼女と恋人の橋を渡る気概のある男性は、ぜひエントリーしてください。彼女と幸せな家庭を築いてください。

よろしくおねがいします。

読んだらクイックお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket