価格競争に乗らない……ことに決めた

私は最近知ったのですが、最近ちょっと若い人が国際結婚斡旋業界に参入してきて、超価格破壊的なコース・料金設定をして一部では話題になっているようです。そのコースというのが男性が女性に申し込み、女性の連絡先を教えた後は一切干渉しないというもので、その料金は10万円にも満たないです。なんでも従来の国際結婚斡旋会社の料金が高すぎて、特に若者の手の届かないものになっているという問題意識からそのようになことを始めたそうです。

たしかに従来の国際結婚斡旋会社の料金は目玉が飛び出るほど高く、私も調べ始めた当初はびっくりして、自分がやる際はなるべき料金を低く設定して敷居を低くしようと思ったものです……が、やっているうちにそれでは事業継続は不可能だと思うに至りました。

従来の国際結婚斡旋会社の料金が高いのには色々理由がありますが、それは(1)上手くいっても成婚数が年間10組ほどしかないこと、日本人同士の結婚斡旋会社に比べて格段に少ないこと(2)ミャンマーやベトナムでは事務所のない会社は信用が得られないので現地に事務所を構えざるを得ず、その賃料・諸経費がかかること(3)結婚手続きの際に賄賂がいること、そして何よりも(4)女性のリクルートに膨大な時間と労力がかかることです。

勘違いされている方も多いのですが、女性のリクルートというものは、「日本人と結婚したい人いる?」「わーしたいしたい❤」というように簡単に進むものではありません。なにせ東南アジアは田舎の方でリアルに人身売買が行われており、またかつては先進国の老人が田舎の娘を嫁にもらっていくということが公然と行われていたこともあって、国際結婚斡旋会社に対するイメージがすこぶる悪いのです。

ですから女性に登録してもらうためには、リクルーターがあちこちに顔を出して人脈を作り、これはと思った女性に一人一人当たって事業内容を説明して信頼を得、しかもそこまでしても相手が見つかるのはほんの一握りという徒労感溢れることをしなければならないのです。当然、それなりの報酬を支払わなければ誰もそんなめんどくさいことはやってくれず、つまりはお客さんが支払った成婚料は日本人と現地人の双方で折半されているのです。これが国際結婚斡旋会社の料金が高く、国際結婚斡旋業者に富豪がいない理由です(笑)。

というところで話を最初に戻すと、懇意にしている同業者の方とも話したのですが、件の若手業者の実態については詳らかには知らないので批評は差し控えるとして、自分たちに引きつけて考えた場合、これでは絶対に事業継続不可能だというところで意見の一致を見ました。

まず(1)報酬が安すぎること、そして何より(2)女性の安全を確保できないことがその理由です。実習生や介護士として来日しているミャンマー人やベトナム人の女性は初心な人が多く、また日本人男性の生まれ育ちや職業などのバックグラウンドもよくわからないことから、男性の甘言をやすやすと信じて遊ばれてしまう危険性があります。なにせあの聡明なMY039さんが危うくダメ男に引っかかりそうになったのですから。遠い異国から来た若い女性を「自己責任」の一言でぶった切るのはあまりにも酷、このへん私はある種のパターナリズムが必要と考えております(ただ日本滞在歴が長く、日本語ペラペラの女性であればそれも可能かな?このへんは再考の余地を残しておきます)。

以上の理由により、現在私はミャンマー人女性のリクルートルート再構築中ですが、この価格競争には乗らない決意をいたしました。ゲストハウス経営のように安易にこの競争に乗って共倒れするのもバカバカしく、安かろう悪かろうでは末期のダイエー、誰も得しません(ただ結婚式や結婚手続きがセット販売されていて割高になっている面はあるので、そのへんはこれまでどおり任意にしたいと思っています)。もしかしたら値引きどころか若干の値上げもあるかもしれませんが、それで登録する女性が増えるのなら配偶者選択の機会も増えるということなので、そのために必要なコストだと思ってどうぞご理解ください。またどうしても安く上げたいという方にはFacebookでお見合い相手を募集してみよう!というのも用意しているので、どうぞご利用ください。なんにせよ、良き配偶者に巡り合うためには業者もお客様も手間を惜しんではいけないのです。

もう一つ。ベトナム人女性の紹介に関しては懇意にしている国際結婚斡旋業者と提携することになりました。この業者の方のところに登録している女性の中から私のところのコンセプトに合う女性をチョイスして、私が探してきた女性とともにご紹介したいと思っております。

よろしくおねがいします。

読んだらクイックお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket